2007年03月31日

アンフォゲッタブル

イントロが野呂一生の「NESSA」みたい(笑)


CDジャケットの4人のうしろに
ファンの姿が見えるのはオレだけだろうか?

もちろん、ミスプリントじゃなくて
ホントに写ってるんじゃなくて・・・

聴き込むうちにそういうふうに思えてくるの。

オレの感じた「アンフォゲッタブル」は
「ENDLESS YOUTH 第2章」そんなイメージ。

これまでの自分の生き様・道程を振り返り、
未来への希望を歌う部分は共通してると思うが、
独りプライベートな時間に思い耽る
「ENDLESS YOUTH」に比べ、(勝手にオレがそう感じたw)

「アンフォゲッタブル」はまさにライブ真っ只中。

しかも今度は呼びかけてるんだ。
「こっち来いよ!」「いっしょに歌おう!」って。
成長してるんだ。

スタッフ、ファン、さまざまな仲間に囲まれ
生き様を謳歌してる真っ只中。
そう感じるんだ。


だからジャケ写の4人の背後にファンの姿を感じる。
ちょうど河口湖マラソンの前夜祭の写真みたいな感じでさ(笑)

ROCKを期待した人は意表突かれたかもしれないが、
存分にメロン記念日が輝ける歌だ。
posted by トラッカーS at 14:56| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば最初「リスペクタブル」でしたよね!
そんなことも忘れかけていました。
大好きです!
何回目の脱皮、あるいは変身でしょうか?
その都度おいらは一瞬違和感を感じました。

アンフォ〜も、おいらストレートなロックを楽しみにしていました。
でも今は「今のメロンを音楽で表すとまさしくコレだな」って思うし、

だいたい、ターゲットを中野で初めて聴いたとき、
「メロンにしては洗練されてるな」と思いましたから(笑)。
それまでは「遠慮」「運命」とか雑多な魅力がイメージとして強くて、
「え〜い、ちらかしちゃえ!!」みたいな...
でも、すぐにターゲットが1番好きになりました。
つーか「1番好き」が日替わりで数曲なんですけどね!




Posted by メロ。 at 2007年09月04日 14:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。